歴史

森林認証制度は、世界の森林の保全に関する懸念への対処法として立ち上がり,「持続可能な開発」を人類発展の共通ゴールと定めた1992年の国連リオ地球サミット の成果として結実しました。
PEFC森林認証プログラムは、小規模林家や家族経営の林家からの要望に応えるため、独立した審査、各国の森林認証制度の承認を実行する 国際統括組織として、1999年6月に11カ国の森林認証制度の代表によりパリで発足しました。

発足以来、PEFCはそれぞれの国の政治、経済、環境、文化的な実情を反映しながら、かつ、国際的に受け入れられる要求事項を満たし、 国際的な認知を受けられる各国独自の森林認証の策定を可能にするメカニズムの必要性に応えてきました。

ヨーロッパにおける拡大に続き、2004年にはオーストラリアやチリなどヨーロッパ圏以外の国へと拡大、加盟国はその後も増加を続け、現在では、世界最大の規模を誇る、中小規模で経営する林家が選ぶ森林認証制度になり、世界の何百何千という森林所有者がPEFCの認証を受けています。

PEFC評議会の本部がルクセンブルグからスイスのジュネーブに移転。 国連、国際的なNGOやその他の団体のステークホルダーとの接触がより容易になりました。

年表

1999年 欧州11か国において特に小規模森林管理者に適した持続続可能な森林管理を促進するための組織が地元の幅広いステークホルダーによって設立され、その組織の代表者によりPEFCが設立された
2000年 フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ及びオーストリアの森林認証制度を承認し、これにより上記の国の認証制度が自国の責任ある森林管理施業を認証することが可能になった
2001年 林業活動の一部に社会的な問題を組み込むため、PEFCは、森林管理においてすべてのILO基本条約の順守を要求する 最初の国際森林認証制度となった
社会、環境関係の代表者がPEFCの理事会に参加
2003年 アジア初のPEFCプロモーション事務所として、PEFCアジアプロモーションズが東京に開設
2004年 オーストラリアとチリの森林認証制度が非ヨーロッパ圏としては初のPEFC承認を受ける
2005年 カナダの森林認証制度がPEFCの承認を受け、PEFCは1億ヘクタールの森林を認証する世界最大の森林認証制度となった

スイスの認証制度がPEFC要求事項への不適合を理由にPEFC承認が一時停止されたが、その後、是正措置が取られ2006年に承認を回復

2007年 PEFCの認証林面積が2億ヘクタールを超え、これにより世界の認証森林の2/3がPEFC認証となった
2008年 本部をルクセンブルグからスイスのジュネーブに移転。国連、国際NGO、その他の団体等とのコンタクトの緊密化を図る
2009年 ガボンの認証制度がアフリカで、また熱帯林としても初めてのPEFC承認を得た

マレーシアの森林認証規格(MTCC)が熱帯国2番目としてPEFC承認を受けた

2010年 CoC規格の中に林業従事者の安全、保健、諸権利など社会的な要素に関する要求事項が盛り込まれ、PEFCはこれらを要求事項に含む最初の国際森林認証制度となった
2011年 中国(CFCC)がPEFCに加盟

持続可能な森林管理を通じた地域社会の発展をサポートするための小規模森林助成プログラムであるコラボレーションファンド開始

2012年 会長ウィリアム・ストリートが人権に対するエレノア・ルーズベルト賞を受賞した
2013年 PEFCは、CoC規格が「欧州木材規制EUTR」と協調する最初の認証制度となった
2014年 中国、インドネシア(IFCC)がアジアで2番目、3番目のPEFC承認国となり、日本(SGEC)がPEFCに加盟また、アルゼンチンが南米で4番目のPEFC承認国となった
2015年 インド(NCCF)、ニュージーランド(NZFCA)が加盟。NZFCAは同年にPEFC承認を取得した。ハンガリーのHungarian Forest Certificationが41番目の加盟国となる。
2016年 ガーナ(GNFCS)、ハンガリー(HFCNP)、大韓民国(KoFPI) がPEFCに加盟、PEFCに加盟する森林認証制度は43か国となる。

日本の認証制度(SGEC)がPEFCの承認を取得

 

PEFCは発足以来、その独自のアプローチ法の充実強化を推し進めてきました。今日、そのアプローチ法を選択するステークホルダーは増え続けており、彼らのサポートを得てPEFCは世界最大の森林認証制度になりました。

 

page top