フジヒノキメイド展示説明会でSGEC/PEFCプロジェクトCOC認証を顕彰

2017年12月8日

去る12月5日午後1時より東京都中央区京橋のイトーキ東京イノベーションセンター(SYNQA)にて「フジヒノキメイド展示説明会」が開催されました。この展示説明会は、静岡県富士山麓産の「富士ヒノキ」を使用した木質建材の製造と販売を目的に設立された「フジヒノキメイド有限会社」がその事業活動を紹介する目的で開催されました。

説明会では、フジヒノキメイド有限責任事業組合を代表して影山木材株式会社の影山秀樹代表取締役から、「都市に森をつくる」のコンセプトの下に、人工林の伐採と植林の循環による森林整備を図り、さらに最新の構築・耐火技術を利用して、地元富士山麓産の檜を使用した住宅や大規模・中高層の木造建築の推進を図る同組合の事業構想が発表されました。

続いて、今回オープンとなった富士山世界遺産センターの象徴として去る7月に完成した木格子モニュメントが日本で初めてのSGEC/PEFCプロジェクト認証の事例となったことを顕彰し、SGECの中川事務局長から賞状が贈られました。

最後には、このモニュメント建造にあたった株式会社シェルターの孫田マネジャーから、高い木工技術を利用したこの建造プロジェクトの製造の経緯や使用された技術に関する詳細な説明がありました。

今回の展示説明会では、この富士山世界遺産センターの建築プロジェクトに関わった多くの地元の関係者が、林業や木材業を中心とする地元の環境配慮型の経済発展のために総力を結集したことを大変な誇りとしていることがよく伝わり、非常に印象的でした。

 

(顕彰式)                (名刺交換会の様子)

page top