SGEC先住民・アイヌ問題講演会の報告

2017年09月8日

去る9月6日に、日本独自の森林認証制度である緑の循環認証会議(SGEC)は、北海道アイヌ協会の阿部一司副理事長と佐藤幸雄特定課題担当事務局長を講師にお招きして、掲題の勉強会を開催しました。

持続可能な森林管理の基準においては、環境、社会、経済の三つの側面における要求事項が盛り込まれておりますが、その中の社会的側面においては先住民の諸権利の保護が重要な要素として位置づけられています。

今回の勉強会は、先住民としてのアイヌ民族への理解を深めることを目的として開催され、認証機関、業界団体、企業、NGOなど多くのステークホルダーが参加して、アイヌ民族の歴史や現況を熱心に学びました。

 

page top