SGEC認証林からの杉材を使用したトヨタのコンセプト・カーがウッドデザイン賞2016を受賞!

2016年12月28日

先般12月8日より3日間にわたって東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ2016年で2016年のウッドデザイン賞が発表され、 最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞したトヨタのコンセプト・カー「Setsuna」が入り口付近に公開展示され, 17万を超える入場者を驚かせました。

木に関するあらゆる物や事を対象に社会や暮らしを豊かにし、人を健やかにするなどの視点からデザイン性を評価するこの賞は、林野庁の補助事業として木材利用の普及、 促進を目的として昨年開始されました。

審査は、建築・空間・建材・部材部門、木製品部門、コミュニケーション部門、技術・研究部門の専門家16名が担当しています。

トヨタ自動車株式会社の技術・研究分野が制作した木製のコンセプト・カー「Setsuna」は、「年月を経て変わることを愛でる」というコンセプトを具現化したもので、 愛情をもっていたわることで色合いや姿が変わり、世代を超えて受け継ぐ家族だけの車になることを狙ったものです。

 

この車に使用された木材には、緑の循環認証会議(SGEC)の認証を受けた住友林業株式会社の社有林で育った杉が使用され、環境への配慮が考慮されたことが大きな話題になりました。

page top